Blog ブログ 美しき自然 古の森に身も心も洗われる Blog ブログ 美しき自然 古の森に身も心も洗われる
ブログ
2019.07.08
ドクダミ
 

独特なにおいが苦手な方も多いのではないでしょうか。

どくだみの花が県民の森でも咲いておりました。

実はこの花の白い部分は花びらではなくて葉っぱに近い苞と呼ばれるもので、
花弁もがくも無いそうです。黄色の部分はおしべです。
花言葉は「白い追憶」
どくだみの葉をもんで傷口に当ててもらった幼少の母親との記憶を懐かしむことにちなんでいるそうです。
もう一つ「野生」という花言葉もあってこちらは、なるほどなと思ってしまいますね。

会話の小ネタに記憶の片隅に置いてみてはいかがでしょうか。


どくだみの 花のにほひを思ふとき 青みて迫る君がまなざし    白秋


              まさと

ブログ一覧に戻る