韓国ドラマ

ヘチ王座への道の無料動画を視聴する方法は?韓国ドラマの日本語字幕付き配信サイト&日本再放送情報まとめ!

ヘチ王座への道動画無料

韓国ドラマ「ヘチ王座への道」の動画を1話から日本語字幕で無料視聴する方法を紹介します。また、日本放送予定や再放送予定など、ドラマ最新情報もお届けします。

▼今すぐ視聴したい方はココ▼

動画配信サービス配信状況無料お試し期間
U-NEXT
ポイントで2話無料
31日間

「ヘチ王座への道」はU-NEXTで配信中です。

しかも今なら31日間の無料トライアルを実施中♪タダで動画の視聴が可能です。

\韓ドラ見放題作品数No1/

>>U-NEXT公式サイトをみてみる<<
※無料トライアル中の解約で料金はかかりません。

本記事では国内VODサービスでの配信状況の比較や動画をお得に視聴するための詳しい方法、ドラマの作品情報も一緒にお届けしてまいります。

「ヘチ王座への道」の日本語字幕で無料動画をフル視聴できる配信サービス

韓国ドラマ「ヘチ王座への道」の動画を日本語字幕で無料フル視聴できるおすすめサービスはU-NEXTです!

U-NEXTはアジアドラマの見放題作品数が国内No1。

韓ドラ・アジアドラマ好きにもっとも選ばれているサービスです。

「ヘチ王座への道」の無料動画を配信しているサービス一覧

動画配信サービス配信状況無料お試し期間
U-NEXT
ポイントで2話無料
31日間
TSUTAYATV&DISCAS
有料
30日間
FOD
有料
2週間
Hulu2週間
dTV
有料
31日間

韓国ドラマ「ヘチ王座への道」の動画を配信しているのはU-NEXT、TSUTAYATV&DISCAS、FODとdTVでした。

その中でもU-NEXTは無料トライアルでもらえるポイントを使用し2話無料で視聴可能!

一番お得に日本語字幕の動画を楽しむことができます。

\韓ドラ見放題作品数No1/

>>U-NEXT公式サイトをみてみる<<
※無料トライアル中の解約で料金はかかりません。

U-NEXTのサービス概要・メリット

項目内容
月額料金2,189円(税抜き)
無料お試し期間31日間
ポイント付与毎月1,200pt
※無料お試し期間は600pt
配信作品数190,000本以上
有料でしか見れない最新ドラマもポイント利用で無料視聴できます♪
U-NEXT5つのメリット
  1. 31日間の無料トライアルを実施中
  2. 韓ドラの見放題作品数が国内No1!
  3. 無料登録後すぐに600円分のポイントがもらえる
  4. 1つの契約で4人同時視聴可能
  5. ダウンロード再生で通信料を気にせずどこでも視聴できる

U-NEXTの無料登録・解約方法を解説

U-NEXTの無料登録と解約方法について解説します!
登録方法
  1. U-NEXT公式サイトへアクセス
  2. 31日間無料体験を選択U-NEXT登録1
  3. お客様情報を入力U-NEXT登録2
  4. 支払い情報を入力U-NEXT登録3
  5. 登録完了
解約方法
  1. U-NEXT公式サイトへログインし左上のマークをタップ
    その後「設定サポート」をタップ
  2. 契約内容の確認・変更をタップU-NEXT解約2
  3. 解約はこちらを選択U-NEXT解約3
  4. 解除するを選択U-NEXT解約4
  5. 解約完了
解約は3分で完了♪画像で説明した手順で簡単にできます。

↑目次へ戻る

「ヘチ王座への道」の違法アップロードサイトでの配信状況(Dailymotion・Pandora)

「ヘチ王座への道」の違法アップロードサイトでの配信状況を調査しました。

※注)違法サイトをクリックしたことでウイルス感染した事例が報告されています。クリックは自己責任でお願いします。

主な違法アップロードサイト

残念ながら違法サイトには「ヘチ王座への道」の日本語字幕つきフル動画はありませんでした。

また違法ダウンロードは犯罪です。

文化庁でも違法ダウンロードの刑事罰化について明記されています。

平成24年10月1日から刑罰の対象になったことが政府の「STOP!違法ダウンロード」サイト内でも記載されていました。

大好きな韓ドラを視聴するなら公式サイトで安全に安心して視聴した方が楽しめますよね。

↑目次へ戻る

「ヘチ王座への道」日本放送・BSでの再放送予定2021年版最新情報

ヘチ王座への道の日本放送や再放送予定について調査しました。

Yahoo!番組表(地上波)
Yahoo!番組表(BS)

現在「ヘチ王座への道」の日本放送予定や再放送予定はありませんでした。

いつ始まるのかわからない日本放送や再放送を待つより無料で視聴できるU-NEXTを利用するのが一番賢い方法ですね。

↑目次へ戻る

「ヘチ王座への道」のあらすじ・感想

あらすじ

18世紀初頭。

李氏朝鮮王朝時代のこと。

王子のイ・グム(チョン・イル)は、第19第王の次男。

文武両道で優秀な青年だったが母親の身分が低く、周囲からはその存在を軽視されていた。

また、グム自信も政治とは一線をおいていた。

とはいうものの、腹違いで長男のイ・ユン(ハン・スンヒョン)は病弱で跡継ぎが生まれなかった。

そこで、老論派がイ・タン(チョン・ムンソン)を後継者にたてようと画策するのだった。

イ・タンは異様なほど王座への執着を見せ、さらに後ろ盾になっていた老論派の重臣たち。

老論派に政治を任せれば、一国は腐敗し歪んでしまう。

彼等の食い物にされてしまう。

そんな老論一派による統治を憂いイ・グムは「彼らに政治は任せられない。正義を守らなければならない」と改革に乗り出すのだったが…

感想

韓国の史劇が面白くて今までいろいろ見てきました。

「ヘチ王座への道」は「イ・サン」や「トンイ」を手掛けたキム・イヨン作家と「イルジメ(一枝梅)」の監督さんイ・ヨンソクのコラボ作品だそうです。

そして、私の大好きなチョン・イル氏主演ときたら、見ないわけにはいきません。

こういう韓国の史劇では、王の座を狙った老倫がたいがい出現しますよね。

今回も第1話から嫌味満載のイ・タン(イ・ギョンヨン)が登場しましたね。

イ・グムに何かと突っかかっていく姿が、ばかだなぁと思いました。

そういう姿では王にはなれないし、なったところでたかが神輿に乗せられているにすぎないのに。

そういう意味で、やっぱり政治に民の姿を描いているグムは素敵でしたね。
(40代・女)

注目のキャストは、やっぱりイ・グム役のチョン・イルです。

確か除隊後初ドラマです。

元々彼の大ファンだったので、どの作品を選ぶのかなと興味を持っていました。

しかも、このドラマのために20日間で13kgも体を絞ったそうです。

第1話から彼のシックスパックを拝めるシーンがあるのですが、筋肉だけでなくて鍛え抜かれた逆三角形の上半身が素敵すぎました。

注目ポイントがずれているのは分かっているのですが、明かりが消えた暗い部屋の中にチョンイルの体のラインがうっすら浮かび上がり、セクシーで見とれてしまいました。

もちろんドラマが進むにつれ、どんどん作品(ストーリー)もグムの中身も男らしく逞しくなり面白かったです。
(40代・女)

最初は誰がどの派閥だとか、どういった仕事をする部署なのかとか、初韓国の時代劇だったのでよく分からないまま見ていました。

でも、相関図を見てみると誰と誰が繋がっているのかということが把握できて、一気にドラマが面白くなりました。

仲間との出会いがあったり、善悪や正義や公正さを貫きとおす姿、諦めないというストーリー展開は、定番と言われていますが私には面白かったです。

ノロンとの駆け引きは一生懸命内容を追うのが精いっぱいだったので録画したものを見ると、なるほど深いなと思ったりもしました。

主演を演じているイ・グム(チョン・イル)とヨジ(コ・アラ)のラブラインがもう少しあればドキドキもあったかもしれませんが、時代劇なのでそこばかりでもと思ったり。

見終わってみると「韓国の時代劇は面白い」となり、今は彼の出演している「太陽を抱く月」を見始めました。
(20代・女)

イ・グムを演じていたチョン・イルさんがとっても素敵でした。

彼はガタイがいいので、韓服をまとってもとっても様になっていました。

それに、身長もあるので、派手な衣装がとってもきらびやかにうつっていたと思います。

このドラマのインタビューで「コ・アラさんは長らく日本に住んでいたので、韓国のドラマでどうなるか心配していた」と、チョン・イルさんが語っていたのを読んだことがあります。

そう、もう一人の注目のキャストは、ヨジ役だったコ・アラさんです。

コ・アラさんもとっても凛としていました。

それに、撮影中彼女が怪我をしてしまい2週間ほど撮影がストップしてしまうという事故もあったそうですが、放送を見ていたら全くそんな素振りも感じませんでした。

女性の凛とした姿が素敵だと思いました。
(20代・女)

韓ドラファンなので、待ちに待った放送でした。

以前NHKで放送されているのを見て、今回2回目を見ています。

韓国ドラマは〇第王とかいって、見れば見るほど面白くなっていきます。

今回は、イ・グムの出自として母親の身分が低いからという風に蝶よ花よと育っていないので民の方を向いた政治ができるんだと思いました。

イ・グムの波乱万丈な道のりは想像を絶するものでした。

トンイの息子ですが、本当に聡明で偉大な王だったのがよく分かりました。

「トンイ」や「イサン」を見た方はつながる話ですし、「トンイ」や「イサン」のキャストも登場しますのでぜひみてもらいたいです。

本当によい時代劇を見たと思えた作品でした。
(40代・女)

今回素敵だなと感じたのは、身分の低い母親から生まれ後に王になったイ・グム(チョン・イル)です。

陰謀渦巻く宮廷で、誰からも歓迎されなかったイ・グム。

母親で息子の身分がこんなにも変わるなんて…ちょっとかわいそうだなと最初は思いました。

でも、トンイの息子でイサンの祖父、21代王英祖。

かなり骨太の史劇でしたが、チョンイルが演じると、とっても深みが出ました。

そして、善や民をしっかりと見据えた政治を行うという部分が、彼の正統派のイメージとピッタリ合っていたなと思います。

他にも、司憲府で捜査官パク・ムンス役を演じたクォンユルさんのユーモアある役柄が新鮮で面白かったです。

タルムンとムンスの活躍も良かったですね。

これを見て、トンイをもう一度見たくなってきました。
(40代・女)

↑目次へ戻る

「ヘチ王座への道」のキャスト・出演者

イ・グム(チョン・イル)
ヨジ(コ・アラ)
パク・ムンス(クォン・ユル)
イ・ユン(ハン・スンヒョン)
イ・フォン(ノ・ヨンハク)
チョ・テグ(ソン・ビョンホ)
イ・タン(イ・ギョンヨン)
タルムン(パク・フン)
ヨン・ジノン(イ・ギョンヨン)

※役名(キャスト名)

↑目次へ戻る

「ヘチ王座への道」の作品情報

項目内容
作品タイトルヘチ王座への道
放送年2019年
話数24話
主題歌
脚本キム・イヨン
もっと情報をみる

公式サイト
Wikipedia

↑目次へ戻る

本ページの情報は2021年3月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTにてご確認ください。