韓国ドラマ

黒薔薇の家(韓国ドラマ)の最終回動画を無料で見る方法!dailymotion・パンドラの2022年最新配信情報も

黒薔薇の家動画無料

韓国ドラマ「黒薔薇の家」の動画を1話から日本語字幕で無料視聴する方法を紹介します。

▼今すぐ視聴したい方はココ▼

動画配信サービス配信状況無料お試し期間
U-NEXT
全話無料
31日間

「黒薔薇の家」はU-NEXTで配信中です。

しかも今なら31日間の無料トライアルを実施中♪タダで動画の視聴が可能です。

\韓ドラ見放題作品数No1/
今すぐ無料トライアル

>>U-NEXT公式サイトをみてみる<<
※無料トライアル中の解約で料金はかかりません。

本記事では国内VODサービスでの配信状況の比較や動画をお得に視聴するための詳しい方法、ドラマの作品情報も一緒にお届けしてまいります。

「黒薔薇の家」の動画を日本語字幕で無料フル視聴できる配信サービス

韓国ドラマ「黒薔薇の家」の動画を日本語字幕で無料フル視聴できるおすすめサービスはU-NEXTです!

U-NEXTはアジアドラマの見放題作品数が国内No1。

韓ドラ・アジアドラマ好きにもっとも選ばれているサービスです。

「黒薔薇の家」の動画を配信しているサービス一覧

動画配信サービス配信状況無料お試し期間
U-NEXT
全話無料
31日間
FOD2週間
Hulu2週間
dTV31日間
Netflixなし

韓国ドラマ「黒薔薇の家」の動画を配信しているのはU-NEXT、FOD、dTVでした。

その中でもU-NEXTは全話無料で視聴可能で、一番お得に日本語字幕の動画を楽しむことができます。

Netflixでは配信がなく、残念ながら無料トライアルがありません。

\韓ドラ見放題作品数No1/
今すぐ無料トライアル

>>U-NEXT公式サイトをみてみる<<
※無料トライアル中の解約で料金はかかりません。

U-NEXTのサービス概要・メリット

項目内容
月額料金2,189円(税抜き)
無料お試し期間31日間
ポイント付与毎月1,200pt
※無料お試し期間は600pt
配信作品数23万本
有料でしか見れない最新ドラマもポイント利用で無料視聴できます♪
U-NEXT5つのメリット
  1. 31日間の無料トライアルを実施中
  2. 韓ドラの見放題作品数が国内No1!
  3. 無料登録後すぐに600円分のポイントがもらえる
  4. 1つの契約で4人同時視聴可能
  5. ダウンロード再生で通信料を気にせずどこでも視聴できる

U-NEXTの無料登録・解約方法を解説

U-NEXTの無料登録と解約方法について解説します!
登録方法
  1. U-NEXT公式サイトへアクセス
  2. 31日間無料体験を選択U-NEXT登録1
  3. お客様情報を入力U-NEXT登録2
  4. 支払い情報を入力U-NEXT登録3
  5. 登録完了
解約方法
  1. U-NEXT公式サイトへログインし左上のマークをタップ
    その後「設定サポート」をタップ
  2. 契約内容の確認・変更をタップU-NEXT解約2
  3. 解約はこちらを選択U-NEXT解約3
  4. 解除するを選択U-NEXT解約4
  5. 解約完了
解約は3分で完了♪画像で説明した手順で簡単にできます。

↑目次へ戻る

「黒薔薇の家」の違法アップロードサイトでの配信状況(Dailymotion・Pandora)

「黒薔薇の家」の違法アップロードサイトでの配信状況を調査しました。

※注)違法サイトをクリックしたことでウイルス感染した事例が報告されています。クリックは自己責任でお願いします。

主な違法アップロードサイト
  • youtube
  • Dailymotion
  • pandora
  • 9tsu

残念ながら違法サイトには「黒薔薇の家」の日本語字幕つきフル動画はありませんでした。

また違法ダウンロードは犯罪です。

文化庁でも違法ダウンロードの刑事罰化について明記されています。

平成24年10月1日から刑罰の対象になったことが政府の「STOP!違法ダウンロード」サイト内でも記載されていました。

大好きな韓ドラを視聴するなら公式サイトで安全に安心して視聴した方が楽しめますよね。

↑目次へ戻る

「黒薔薇の家」地上波・BSでの再放送予定2022年版最新情報

黒薔薇の家の再放送予定について調査しました。

Yahoo!番組表(地上波)
Yahoo!番組表(BS)

現在「黒薔薇の家」の再放送予定はありませんでした。

再放送を待つより無料で視聴できるU-NEXTを利用するのが一番賢い方法ですね。

↑目次へ戻る

「黒薔薇の家」のあらすじ・感想

あらすじ

主人公はデザイナーのジェニー・ハン(シン・ダウン)。

Jグループ会長ダジンの孫オ・ウンソク(パク・ジヌ)は彼女に一目ぼれをする。

たまたま仕事でも提携をすることになり、2人の恋が発展していく。

しかし、ジェニー・ハンの母親ワン・スジン(キム・ヘソン)娘の交際に大反対。

その理由はもっと裕福なアン・マンス(ソン・ウヒョク)を娘と結婚させようと企んでいたたから。

母親への不満がついに爆発してしまい、ジェニー・ハンは家を飛び出し、チェ・ソンア(アン・ヨノン)とその母親の家に住まわせてもらうことになった。

その2人というのは、ジェニー・ハンが子供の頃に離れ離れになってしまった本当の親子だった。

ワン・スジンは25年前にジェニー・ハンを誘拐していたのだが、誘拐犯からジェニー・ハンは逃げ切り本当の家族と幸せを手に入れられるのだろうか…

感想

まだ全体を見ていないけど、とにかく韓国ドラマらしさがいっぱい詰まっている内容です。

まず子供の誘拐、子供の恋愛に親が首を突っ込む、結婚相手は親が決める、相手は御曹司、記憶喪失などあるあるです。

ワン・スジンという毒親はどこまでも欲望に支配されていて、こんな母親の所にいたらジェニー・ハンは幸せになれないので逃げきってほしいです。

それに娘を隠れ蓑にして、どこまでのし上がろうとするのか。

ワン・スジンがあてにしているホテルの代表の娘婿だって裏があって、結局最後は何もかも手放して裏切られて残らなくなってしまうんだろうと予想をしていますが、最後までネチネチした欲望まみれのドラマを楽しみたいと思います。

(30代・女)

毒親のキム・ヘソンがとても印象的なキャラクターでした。

確か『チャングムの誓い』で見たのが最初で続いて『白詰草<シロツメクサ>』だったと記憶していますが、韓国ドラマではこういう悪役はインパクトが強くて一度その作品を見るとしっかりそのキャラクターが刻まれます。

数年前だったと思いますが、確か3回目の離婚をされています。

プライベートでももしかして感情の起伏の激しい方なのか、情熱的というのか、そういうタイプの方なのかもしれません。

ドラマの中のワン・スジンというキャラクターとシンクロ率が高いから、ここまで迫力満点なのかなと思いました。

秀逸なストーリー展開と彼女を含めて豪華な面々で最後まで見逃せないです。

(30代・女)

日本ではありえない話だと思いますが、そこに引き込まれてしまうのが韓国ドラマの魅力です。

愛し合っている男女の前に強烈な母親が登場します。

2人の仲を引き裂くどころか、既に娘には勝手に決めた婚約者がいたとう。

彼女の派手でけばけばしい姿で鋭い目で娘を監視していそうで怖いです。

しかも娘も本当の娘じゃなかったとは、自分の人生をそんな犯罪を犯してまでと思ってしまいます。

そんなことをして今まではお金を追いかけるばかりだったけど、いずれ逃げる人生になっていきます。

長編ドラマなのでそこまでに色々次から次へと試練がヒロインに降りかかりますが、いつも毒親から逃げきって!と応援をしていました。

(40代・女)

主演のキム・ヘソン、その娘ジェニー役にシン・ダウン、娘の恋人ウンソク役にパク・ジヌら豪華キャストが揃っていて、長編でそれなりに登場人物が多いです。

みなさん熱演をされているのですが、とにもかくにもキム・ヘソンの怪演に目を奪われてしまいます。

ストーリーとともに彼女の演技っぷりの相乗効果で、彼女が相当このドラマを盛り上げていると思います。

盛り上げるというか話題というか突飛なものにしているというのか。

結局刑務所に入れられたスジン、そこでも悪態ぶりをついていて最後まで悪女をみせてくれました。

最後出所は案外サーっとまとめられていて少々物足りなさも感じましたが、それぞれが元のあるべきところに収まった感じがしてこれはこれでよかったと思います。

(40代・女)

ワン・スジンが暴れまくっていました。

そこでまずドラマの見どころです。

彼女が働いた悪事(ストーリー)も彼女の暴走っぷりとセットで成り立っているような感じです。

普段から計算しつくして人の命をも狙っている悪女なので、とっくみあいなんてへでもない。

Jグループ専務・エリとも派手にやっていました。

同じ年頃の女優さんだと思いますが、こういう時の演技ってどんな現場なのかメイキングがあれば見てみたいと思いました。

娘もこんな母親と一緒の生活は息苦しいしストレスでしょう。

さすがに収監されてからは少ししおらしくなっていましたが、人間本性はそう簡単に変わらないと思うし、出所したけど大丈夫なのだろうかと最後までワン・スジンの失った信用は私の中では戻らなかったですね。

(40代・女)

スジンの実の息子のアン・マンス。

彼はトリプルホテルので代表でイケメンでしたが、スジンに近づいていくうちに徐々に彼女の偽の娘に本当に恋をしてしまいました。

彼もある意味かわいそうな人間です。

母親がこんなんじゃなければ、母親の人生に巻き込まれなかったと思うのである意味被害者だと。

この親子、狂気の沙汰じゃないのに美人と美男なんですよね。

だから余計にこの親子のすることなすこがツンとしていて、人情や肌の温もりを感じられませんでした。

そういうところでは、最高のキャスティングのドラマだったと思います。

キム・ヘソンは日本の松坂慶子さんと似た雰囲気もあるので、今度は全然違う柔らかい性格の役柄のドラマがあれば見てみたいとは思いました。

(40代・女)

↑目次へ戻る

「黒薔薇の家」のキャスト・出演者

ジェニー・ハン(チェ・ギョンア)
ワン・スジン (キム・ヘソン)
オ・ウンソク(パク・ジヌ)
アン・マンス(ソン・ドッキ)
チ・ファジャ(ユン・ギホン)
チェ・ソンア(アン・ヨノン)

※役名(キャスト名)

↑目次へ戻る

「黒薔薇の家」の作品情報

項目内容
作品タイトル黒薔薇の家
放送年2019年
話数123話
主題歌
脚本キム・インガン
もっと情報をみる

公式サイト

↑目次へ戻る

本ページの情報は2022年2月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTにてご確認ください。