韓国ドラマ

七日の王妃の最終回動画は無料視聴できる?amazonプライムの最新配信情報も!

七日の王妃動画無料

韓国ドラマ「七日の王妃」の動画を1話から日本語字幕で無料視聴する方法を紹介します。

▼今すぐ視聴したい方はココ▼

動画配信サービス配信状況無料お試し期間
U-NEXT
独占見放題
31日間

「七日の王妃」はU-NEXTで配信中です。

しかも今なら31日間の無料トライアルを実施中♪タダで動画の視聴が可能です。

\韓ドラ見放題作品数No1/
七日の王妃動画無料
今すぐ無料トライアル

>>U-NEXT公式サイトをみてみる<<
※無料トライアル中の解約で料金はかかりません。

本記事では国内VODサービスでの配信状況の比較や動画をお得に視聴するための詳しい方法、ドラマの作品情報も一緒にお届けしてまいります。

「七日の王妃」の動画を日本語字幕で無料フル視聴できる配信サービス

韓国ドラマ「七日の王妃」の動画を日本語字幕で無料フル視聴できるおすすめサービスはU-NEXTです!

U-NEXTはアジアドラマの見放題作品数が国内No1。

韓ドラ・アジアドラマ好きにもっとも選ばれているサービスです。

「七日の王妃」の動画を配信しているサービス一覧

動画配信サービス配信状況無料お試し期間
U-NEXT
独占見放題
31日間
FOD
1話無料
2週間
Hulu2週間
dTV
1話無料
31日間
Netflixなし
Amazonプライム30日間

韓国ドラマ「七日の王妃」の動画を配信しているのはU-NEXT・FOD・dTVでした。

Netflixで配信されておらず、しかもNetflixは残念ながら無料トライアルがありません。

その中でもU-NEXTは全話無料で視聴可能!

一番お得に日本語字幕の動画を楽しむことができます。

\韓ドラ見放題作品数No1/
七日の王妃動画無料
今すぐ無料トライアル

>>U-NEXT公式サイトをみてみる<<
※無料トライアル中の解約で料金はかかりません。

U-NEXTのサービス概要・メリット

項目内容
月額料金2,189円(税抜き)
無料お試し期間31日間
ポイント付与毎月1,200pt
※無料お試し期間は600pt
配信作品数23万本
有料でしか見れない最新ドラマもポイント利用で無料視聴できます♪
U-NEXT5つのメリット
  1. 31日間の無料トライアルを実施中
  2. 韓ドラの見放題作品数が国内No1!
  3. 無料登録後すぐに600円分のポイントがもらえる
  4. 1つの契約で4人同時視聴可能
  5. ダウンロード再生で通信料を気にせずどこでも視聴できる

U-NEXTの無料登録・解約方法を解説

U-NEXTの無料登録と解約方法について解説します!
登録方法
  1. U-NEXT公式サイトへアクセス
  2. 31日間無料体験を選択U-NEXT登録1
  3. お客様情報を入力U-NEXT登録2
  4. 支払い情報を入力U-NEXT登録3
  5. 登録完了
解約方法
  1. U-NEXT公式サイトへログインし左上のマークをタップ
    その後「設定サポート」をタップ
  2. 契約内容の確認・変更をタップU-NEXT解約2
  3. 解約はこちらを選択U-NEXT解約3
  4. 解除するを選択U-NEXT解約4
  5. 解約完了
解約は3分で完了♪画像で説明した手順で簡単にできます。

↑目次へ戻る

「七日の王妃」の違法アップロードサイトでの配信状況(Dailymotion・Pandora)

「七日の王妃」の違法アップロードサイトでの配信状況を調査しました。

※注)違法サイトをクリックしたことでウイルス感染した事例が報告されています。クリックは自己責任でお願いします。

主な違法アップロードサイト
  • youtube
  • Dailymotion
  • pandora
  • 9tsu

残念ながら違法サイトには「七日の王妃」の日本語字幕つきフル動画はありませんでした。

また違法ダウンロードは犯罪です。

文化庁でも違法ダウンロードの刑事罰化について明記されています。

平成24年10月1日から刑罰の対象になったことが政府の「STOP!違法ダウンロード」サイト内でも記載されていました。

大好きな韓ドラを視聴するなら公式サイトで安全に安心して視聴した方が楽しめますよね。

↑目次へ戻る

「七日の王妃」2022年最新日本放送予定!

「七日の王妃」の2022年最新の日本放送予定を調査しました!※2022年6月時点

放送局日付
NHK BSプレミアム毎週日曜 午後9時〜

「七日の王妃」はNHK BSプレミアムにて全20話を毎週日曜の午後9:00〜放送していることが分かりました!

BSに加入している方は、日本放送を見逃さないでくださいね。

BSに加入していない!という方や、今すぐに1話から見たい!という方には動画配信サイトのU-NEXTでの視聴がオススメ♪

今ならU-NEXTで「七日の王妃」の動画を全話無料で視聴することができます。

1番お得な方法でドラマを楽しんでくださいね!

「七日の王妃」地上波・BSでの再放送予定2022年版最新情報

七日の王妃の再放送予定について調査しました。

Yahoo!番組表(地上波)
Yahoo!番組表(BS)

現在「七日の王妃」の再放送予定はありませんでした。

再放送を待つより無料で視聴できるU-NEXTを利用するのが一番賢い方法ですね。

↑目次へ戻る

「七日の王妃」のあらすじ・感想

あらすじ

退屈な田舎から1人上京してきたシン・チェギョン(パク・ミニョン)は、ある日街でイ・ヨク(ヨン・ウジン)と出会う。2人の出会いは最悪だったが、後日お見合い相手として再会する。そこから次第に距離が縮まっていった2人は結婚の約束を交わした。そんな中、兄のイ・ユン(イ・ドンゴン)は弟のヨクに王座を奪われることを恐れていた。そしてある日、ヨクは何者かによって弓で殺される。それから5年の月日が経ち、亡くなった彼を弔いながらそっと暮らしていたチェギョンの目の前にヨクが突然現れる。5年の月日を埋める様に2人は愛を育んでいく。しかし、兄のユンも無邪気で純粋なチェギョンに好意を抱いていて…。

王座と愛する人を奪いあう兄弟。2人の男に愛され、激しく揺さぶられる彼女の運命は…。
たった7日間だけシンデレラになった、彼女の切なくあまい物語。

感想

朝鮮王朝の中でも暴君と言われた燕山君と晋城大君の二人から愛される女性の儚い人生。それぞれの愛が時代と権力争いに巻き込まれながらもお互いを大切に思いあう悲しい恋。燕山君も生い立ちが悲惨過ぎて暴君としてしか生きられなかったなか、チェギョンを愛する姿は可哀想でした。運命のように出会いお互いにひかれて恋におちたヨクとチェギョンの恋には悲しくも美しい姿に涙なくしてはいられなかったです。後に中宗となりますが、この時代は乱れた王朝の象徴だった為の悲恋だったのが余計に悲しいです。束の間の二人の恋が可愛く愛おしく表現されていました。それにしても権力に翻弄されながら貫く愛とはいつの時代もありますが、悲し過ぎてはがゆく感じました。
(50代・女性)

ヨク役のヨン・ウジンはこのドラマから好きになりました。もっと見ていたい俳優さんです。チェギョン役のパクミニョンは出演するドラマ全てが大好きです。可愛くて素敵です。燕山君役のイ・ドンゴンは描かれてる暴君のなかでもまだマシな表現だったように思いました。大妃役のト・ジウオンはすごく美しい。ミョンヘ役のコ・ボギョルは一途にヨクを思う姿が可愛くもあり、可哀想でした。左議政役のチャン・ヒョンソンは他のドラマでもこういう役が多いですがハマリ役なようですね。でもこのポジションが王朝を左右するんですよね。同じようにパク・ウォンジョンもこのポジションが多いと思いますが、朝鮮王朝はこの役職が私利私欲に走り王朝を牛耳ることで良くも悪くもなるのかなと思います。
(50代・女性)

暴君として知られる燕山君を単なる暴君としてだけでなく、王ゆえの人を信じられずに朝廷といった様々な登場人物の思惑や陰謀に翻弄される苦悩や葛藤なども描かれているのが面白かったです。さらにそんな燕山君の暴君的な振る舞いに振り回されるヒロインたちの姿もよく、このドラマを見終わった後はこれまで知っている燕山君や史実のイメージとは違う見方を持つようになり、改めて韓国の朝鮮史について知りたいと思いました。また、ストーリー自体も登場人物たちの心理的な描写だけでなく、韓国時代劇ならではのアクションなどもしっかりと描かれていたので楽しめました。そして、終盤は思ってもいなかった展開が待ち受けており、思わずグッとくるものがありました。
(30代・男性)

パクミニョンです。可愛らしいルックスが素敵で、これまで現代劇から時代劇まで数々のドラマでヒロインを演じた演技力のある女優です。このドラマでは王と王子という二人の男に愛され、時代の流れに巻き込まれていくという難しい役どころも見事に演じていました。また、ドラマの中でもシリアスなシーンやコミカルなシーンも魅了され、特に可愛らしい笑顔にキュンキュンしてしまいました。そして、もう一人の注目のキャストはイドンゴンです。端正な顔立ちとスタイルがまさに王様という感じで似合っており、冒頭の冷酷無比な燕山君のイメージにピッタリでした。さらにヒロインのチェギョンに出会ってから少しずつ影響されていく過程も見事に演じた演技力も魅力に感じました。
(30代・男性)

初めてドラマのタイトルを見たときは恋愛がメインのキラキラした感じのドラマなのかなと思っていましたが、実際にドラマを見てみると楽しいだけの恋愛要素は比較的少なく、時代に翻弄された様々な身分・様々な立場の人々の人生を描いたドラマでした。
メインキャラクターのチェギョン・ヨク・燕山君はもちろん、ヨクと共にタニシとして弱い立場の民を救う活動をしているソノやチェギョンの父親であるシン・スグン、妓生から燕山君の側室になったチャン・ノクスなどドラマのオリジナルキャラクターから史実に存在している人物まで、その人の心情や背景からドラマ内では描かれていない部分まで想像させてくれるようなキャラクターの描き方をしてくれていました。個人的にはシン・スグン(チェギョンの父親)と燕山君の、目には見えない結び付きの強さが好きでした。恐らく燕山君は自分でも気付いていないほど自身の中でのシン・スグンという存在が大きく、またシン・スグンも一国の王としてではなく一人の人として燕山君を大切に思う気持ちがあったんだと思います。そう思いながら、流刑地にいる燕山君がシン・スグンの訃報を聞くシーンを見るとまた違った印象を抱くことでしょう。七日の王妃はこういったキャラクターの心情を訴えかけてくるシーンがあるところがとても良かったです。
(20代・女性)

2PMのファン・チャンソンさんが演じるソノという役に是非注目していただきたいです。
恥ずかしながらチャンソンさんの演技を見るのはこの作品が初めてで、アイドルとしてのイメージしか印象にありませんでした。
しかし実際に七日の王妃を見始めると役柄のキャラクター性も相まって、最も印象深い演技をされていたなぁと思います。チェギョンやヨクの前で見せる幼い頃を彷彿とさせるあどけない笑顔、自分や父親と同じように惨めな扱いを受けている民を目の当たりにして胸を痛める姿、人の命など取るに足らないとでもいうように暴挙を繰り返す燕山君に対して向ける憎しみの目。ソノが浮かべる感情のどれもが非常に印象的で、ドラマを最終話まで見終わってしばらく経った今でも不意に思い出してしまう、そんなキャラクターにチャンソンさんが仕上げてくれていました。
(20代・女性)

↑目次へ戻る

「七日の王妃」のキャスト・出演者

シン・チェギョン(パク・ミニョン)
イ・ヨク(ヨン・ウジン)
イ・ユン(イ・ドンゴン)
ソノ(チャンソン 2PM)

※役名(キャスト名)

↑目次へ戻る

「七日の王妃」の作品情報

項目内容
作品タイトル七日の王妃
放送年2017年
話数30話
主題歌
脚本チェ・ジニョン
もっと情報をみる

公式サイト
Wikipedia
↑目次へ戻る

本ページの情報は2022年5月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTにてご確認ください。